補聴器メーカー多数

補聴器のメーカーや機種によってその特徴や性能も異なってきます。補聴器センター中央では、多数のメーカーを取扱っております。各種メーカーを取扱うことでその方の環境や用途にあったぴったりの補聴器をご提案することができます。

 

NJH(ニュージャパンヒヤリングエイド株式会社)

世界有数の補聴器企業と提携し、一人一人にあった優れた品質をお届けするオーダー補聴器、日本発祥のメーカー

NJHは、Beltone(アメリカ)、Unitron(カナダ)社と日本における独占技術提携を結ぶ。日本総代理店。ベテランの職人が、一人一人にあったオーダーメイド補聴器を手作りでお届けしています。

 

 

 

 

 

 

 


ワイデックス補聴器

福祉大国デンマークで誕生した補聴器一筋の専業メーカーより美しく、自然な音の世界へ。ワイデックス補聴器の新たな挑戦が始まっています。ユーザーの聴力の状態を把握しながら、補聴器のさまざまな機能をトータルにコントロールして音声信号の分析・処理を行う技術ISP(統合信号処理)テクノロジー。これからの補聴器の基幹技術ともいえるISPをさらに進化させたC-ISPを生み出し、さらにワイデックスは、常に新しい音の世界をきりひらいています。

 

 

 

 

 


オーティコン補聴器

オーティコン理念ピープル・ファーストを理念に1904年、デンマークにおいて創設以来、難聴者とともに100年の年月を歩み続けてきたオーティコン。ピープル・ファースト(聞こえに悩む人を第一に考える)

自由に伝え合うことができ、自由に振舞えるようにそして、活動的に生活できるように聞こえに悩む人々を応援します。

 

 

 

 

 

 

 

 


バーナフォン補聴器

スイス生まれのメーカーバーナフォン独自のチャネルフリーシステムを搭載、補聴器は音を増幅する機械ですが、世の中にあふれているマルチチャネル方式が周波数軸であるのに対し、チャネルフリーシステムは、時間軸で作動しています。常に最新のコンピューターが解析と増幅処理を行い、より明瞭なきこえをお届けします。例えば、か=KAを解析する場合、通常は、音節単位KAで判断するのに対しチャネルフリーシステムはKとAと2つの音素に分解し正確に解析します。これは、さまざまな音が混雑する騒がしい環境やクラシックミュージックなどをお聞きになる際に特に威力をはっきすることがこれまでの装用経験報告からわかっています。

 

 

 

 

 

 


シーメンス補聴器

ドイツの先進テクノロジーシーメンス、機能やデザイン、聞こえの心地よさにおいて多数機種をもつシーメンス補聴器。ただ聞こえを良くするだけではなく、ライフスタイルまでも改善できるような様々な斬新なデザインや音質が特徴のシーメンス補聴器。

 

 

 

 

 

 

 

 


パナソニック補聴器

静かな場所でも騒音下でも、コンサート会場で音楽を聞く時も環境に合わせて「聞こえ」を補聴器が自動で調節、補聴器おまかせシーンセレクト機能を搭載(R17、R15シリーズに搭載)

他にも、普段の電池の出し入れを配慮したくるぽんお手入れ簡単保管ケースや電池の持ち寿命1粒でやく300時間など、使いやすさやエコを追求した商品が特徴。

 

 

 

 

 

 

 

 


補聴器フェア開催日

    補聴器フェア開催日

    補聴器フェア
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆
    次回は、12月
    8日(金),9日(土)

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ↑ 毎月のお掃除点検に!↑
    ◇空気電池特価!
    ◇補聴器の点検お掃除無料!
    月に一度の補聴器の点検お掃除補聴器の試聴体験にどうぞ♪
    ※補聴器フェア開催日は
    朝刊の折り込みチラシ
    サンデーワイドへ毎月掲載中♪

取扱いメーカー

    ベルトーン補聴器
    ユニトロン補聴器
    ワイデックス補聴器
    オーティコン補聴器
    バーナフォン補聴器
    シーメンス補聴器
    パナソニック補聴器

     他
Copyright© 2011 補聴器センター中央-認定補聴器技能者のお店- All Rights Reserved.