シグニア補聴器の補聴器形状の違い

補聴器形状の違いと特性について

補聴器にはいくつかの形状タイプがあります。単に見た目が良いからという理由だけで合わせると装用感が悪くてつけられないという場合もあります。きちんとした補聴器の特性を理解した上で補聴器を選択するようにしましょう。

 

■補聴器形状の違い■

 RIC(オープン)型 耳掛けフック型
   耳穴式(カナル)型   Cool(耳穴式)
 見た目やつけ心地快適装用
を希望の方
 耳掛け式電池寿命が長いのが

特徴

 耳穴式で見た目もスッキリ

したい方

 耳穴式が欲しいけど、自声や

こもり感が気になる方

 ※シグニア補聴器独自の形状

 

・Ric(オープン)型補聴器の特徴は、装用感が良いという点です。耳栓に穴が開いているため、通気性もよく、自声のこもり感やひびき感などが軽減され、補聴器装用時の煩わしさがなくなりました。聞こえの悪さが軽い方やひびき感やこもり感がどうしても残る方におすすめの補聴器です。

・耳掛けフック型補聴器の特徴は、力の出る補聴器をご希望の方、声や音をしっかりと届ける事が出来る補聴器です。Ric(オープン)型補聴器と比べ、付け心地や装用感は悪くなりますが、パワーのある音を希望の方におすすめの補聴器です。

・耳掛け式補聴器は眼鏡やマスクをしたときにじゃまになる。中にいれる方がいいという方におすすめの補聴器です。補聴器が小さくなるぶん電池の入れ替えや向きなどある程度の慣れが必要になってきます。又、耳穴と機械部分が近いため、毎日のお手入れが必要になってきます。

・シグニア補聴器独自の形状Coolタイプは、耳穴式補聴器が希望の方、でもこもり感やひびき感が気になる方用の補聴器です。

・通常耳穴式補聴器は耳穴を潰してしまうため、どうしてもこもり感やひびき感の原因となっていましたが、シグニアのCoolタイプ補聴器は耳穴を完全に塞がず、隙間を作ることで大幅にこもりやひびき感を軽減することができる特殊な補聴器となっています。聞こえに関してももちろんのこと、付け心地やデザインにまでこだわったシグニアらしい補聴器となっています。

 

 

 

補聴器フェア開催日

    補聴器フェア
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆
    次回の
    補聴器相談会は10月
    11日(金),12日(土)

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ↑ 毎月のお掃除点検に!↑
    ◇空気電池特価!
    ◇補聴器の点検お掃除無料!
    月に一度の補聴器の点検お掃除補聴器の試聴体験にどうぞ♪
    ※補聴器フェア開催日は
    朝刊の折り込みチラシ
    サンデーワイドへ毎月掲載中♪

取扱いメーカー

    ベルトーン補聴器
    ユニトロン補聴器
    シーメンス補聴器
    スターキー補聴器
    オーティコン補聴器
    ワイデックス補聴器
    バーナフォン補聴器

     他
Copyright© 2011 補聴器センター中央-認定補聴器技能者のお店- All Rights Reserved.